集客に関するお悩み

知っておきたい!ショップカードを置いてもらう3つの方法!

お店に行った際にレジの横やお手洗いで、名刺のようなものを見たことがありますか?その名刺のことをショップカードと呼びます。

ショップカードは、お店の名刺で多くの人にお店を知ってもらう際に、効果的なツールです。そんな、ショップカードを他の店舗に置かせてもらうためには、どうしたら良いのでしょうか?

ショップカードを置かせてもらう方法を知れば、集客を効率よく進められます。今回は、ショップカードを置いてもらう3つの方法をご紹介します!

魅力的なショップカードを作る

ショップカードを置かせてもらう前に考えたいのが、ショップカードについてです。魅力的なショップカードを作らなければ、置かせてもらうことはできません。

まずは、ショップカードをどのように作ればいいのか、知っておきましょう。ショップカードに記載する情報は、個人で作る名刺とほとんど変わりません。

店名、住所、電話番号、SNSアカウントなどを載せます。ここで忘れてはいけないのが、営業時間と定休日です。お店に訪れたいと思った人が、一目で分かるように、営業時間と定休日は必ず記載しましょう。

他にあるといいのが、店内の写真、お店のメニュー、SNSやサイトのQRコードなどです。これらは表面に配置すると効果的です。さらに、ショップカードを持参して来店した方に、特典をつけることで来店率が上がります。

また、名刺のデザインに関してもこだわりたいところです。店頭やお手洗い等で、一目見て手に取りたくなるように、デザインを重視して作りましょう。お店のカラーを前面に出したデザインがおすすめです。

ショップカードのデザインに悩んでいる方は、印刷会社の利用を検討してみてはいかがでしょうか?例えば、ビスタプリントでは豊富なテンプレートを用意しています。

ショップカードのデザインもテンプレートから選べるので簡単です。テンプレートから情報を打ち込んで頼むだけで、すぐにショップカードが完成します。ぜひ、印刷会社の利用を考えてみてください!

置かせてもらう際に気をつけたいこと

ショップカードを置かせてもらう際には、気をつけたいことがあります。まず、意識したいのが、お店に伺う時間帯です。ショップカードを置かせてもらう場合、混んでいない時間帯に行きましょう。

忙しい時間帯に伺ってしまうと、対応してくれない可能性もあります。店舗の営業時間を考えて来店しましょう。

次に、ただショップカードを置いてもらうだけでは、相手にメリットがありませんよね。その場合、SNSやブログで紹介してあげたり、相手のショップカードを自身のお店に置いたり、メリットを提示しましょう。

こうすることでスムーズに話が進む場合があります。また、店舗を出したばかりで余裕がない場合は、その旨を真剣に伝えましょう。ショップカードを置いて欲しいというだけではなく、なぜこの店に置きたいのか理由を伝えましょう。情熱が伝えわれば置いてもらえる可能性が高くなります。

そして、最後にショップカードを置くためのスタンドなどを準備しておきましょう。よくありがちなのが、ショップカードのみを持っていてしまうことです。見やすいようにスタンドなどをセットで渡せば、目立ちやすく置きやすくなります。しっかりと準備をした上で、ショップカードを置かせてもらえるように心がけましょう。

他業種にも置いてもらい可能性を広げる

主に、ショップカードは同業者のお店に置かせてもらうことが多いです。同じ業種なら確かに集客率が高いでしょう。

ただ、新規客の客層を広げたいなら、他業種にショップカードを置かせてもらう必要があります。他業種の客層の方達に宣伝するのは難しいです。純粋に宣伝しようと思えば、それなりの費用がかかってしまいます。

ですが、ショップカードを置かせてもらうことで、安い費用で宣伝効果が望めます。また、相手の店舗の方のショップカードや宣伝を、こちらで行うことで交流を持つことができます。お互いの業種に違う客層が広がるため、損することはありません。

また、同じ地域の店舗同士なら、地域の輪が広がるので、有益なことばかりです。同じ地域の店舗なら、他業種でも前向きに考えてくれることが多いです。

注意すべきは初対面の際の印象です。前項で紹介したい気をつけたいことを意識しながら、交渉することを忘れないでください。あなたの熱意が伝われば、ショップカードを置いてもらえます。他業種への宣伝は集客の可能性を広げられます。ショップカードで集客を行うためにも、意識して他業種と交流しましょう。

まとめ:ショップカードで集客を実現

ショップカードを置かせてもらう方法をご紹介しました。ショップカードは安い費用で広告効果の高い宣伝方法です。

しかも、それだけではなく、地域交流の手段のひとつにもなります。SNSとは違った形で宣伝できる上に効果が高いです。特に地域密着型のお店を目指している方は、店舗同士の交流も考えてショップカードを作ってみましょう。

また、他業種に置かせて貰えば客層が広がる点も見逃せません。その上、ショップカードは、名刺と同じで簡単に作れます。ショップカードはバランスの取れた集客ツールのひとつと言えるでしょう。

本記事でショップカードについての理解を深めてください。これから集客を始めようと考えている方は、ショップカードから始めてみはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 飲食店の効果的なショップカードの作り方と活用方法

    集客に関するお悩み

    飲食店の効果的なショップカードの作り方と活用方法

    ショップカードとは「お店の名刺」です。魅力的な名刺を作ることができれば…

  2. 集客に関するお悩み

    チラシの効果測定を行うたった3つの方法!

    集客のためにチラシを作ったけど集客に効果がないと悩んでいる方は多いです…

  3. パン屋のリピーターを増加させる3つの方法とは?

    集客に関するお悩み

    パン屋のリピーターを増加させる3つの方法とは?

    パン屋の経営を安定させるなら、リピーターの増加が必須です。リピーターを…

  4. 集客に関するお悩み

    整骨院の患者の集客テクニック3選

    整骨院にもさまざまなタイプの店舗があります。子供からお年寄りまで幅…

  5. 集客に関するお悩み

    お客をがっちり逃さない!ネイルサロンの集客方法

    ネイルサロンのお客さんの男女比は圧倒的に女性のお客さんが多いのですが、…

  6. 集客に関するお悩み

    ゴルフ場やスクールの集客はどこから人を集めるかが大切

    ゴルフ場やゴルフスクールの集客をしようと決めたとき、どこから人を集めて…

運営サイト

ビスタプリントでは名刺や集客に役立つ販促物をとてもカンタンにプリントすることができます。テンプレートも豊富で、デザインに困ることはありません。

Facebookページもご覧ください

人気の記事

  1. 美容師におすすめの名刺デザインテンプレート7選
  2. 飲食店の効果的なショップカードの作り方と活用方法
  3. パン屋のリピーターを増加させる3つの方法とは?
  4. 学習塾の集客に欠かせない3つのポイント
PAGE TOP