学習塾の集客に欠かせない3つのポイント

集客に関するお悩み

学習塾の集客に欠かせない3つのポイント

飲食店や雑貨屋に比べ、気軽に入ることができない学習塾は敷居が高いため、集客が難しいように感じるかもしれません。

学習塾の集客においては、いかに新規客に気に入ってもらうのか、良い口コミを広められるか等の点が非常に重要になります。このように「集客が難しい」と思われている学習塾でも、これからご紹介する3つのポイントを押さえることで円滑に集客を進めることができます。

1. 学習塾のチラシデザインで気をつけるべきポイント

学習塾の集客の代名詞といえばチラシのポスティングです。すでに地域にポスティングして、集客を行っている学習塾は多いはずです。

学習塾はホームページなどでの集客も重要ですが、やはり一番効率のいい集客はチラシのポスティングです。

学習塾に通いやすい範囲に限定してポスティングできる上に、口コミもその地域をベースに広がっていくためです。

他の学習塾もポスティングを行っている可能性がありますので、伝えたいメッセージを、ターゲットに正確に伝えられるかが重要になってきます。

シンプルで読みやすいチラシのデザインにする

そんな、学習塾のチラシ作成ですが、気をつけなければいけない点も多々あります。効果的だからといって、何も考えずに毎回同じチラシを作っていては集客に結びつきません。

チラシを作成する際はパッと見て分かりやすく、シンプルでなければいけません。

伝えたいメッセージが沢山詰まっているような複雑なチラシになると、どれが重要な情報なのかがわからなくなります。
伝えたいことを明確にておくことでメッセージの伝わりやすさが変わります。
学習塾のチラシを作る際は以下のポイントに気をつけましょう。

  • どのくらい成績が上がったのか?
  • どこの学校に入れたのか?
  • 見学や体験授業はできるのか?
  • 場所はどこにあるのか?

学習塾の見込み客は塾へ行きたいのではなく、塾へ行くことで希望の学校に入れることを期待しています。

また実績だけでなく、

  • どのように受業を行っているのか
  • どのように生徒をフォローしているのか
  • どのように生徒の成績を伸ばしているのか

といった、「このような体制があるから成績が伸びる」というイメージを付ける必要があります。

チラシのデザインはどうするか?

これらの点を守ってチラシを作れば訴求性が上がります。ユーザーに訴求したい事をより分かりやすく、シンプルに伝えるのがデザインの存在です。

チラシのデザインをするにあたって、知り合いのデザイナーや外注で対応するケースが多いと思いますが、

  • 知り合いがいない
  • 予算がそこまでない
  • 探すのが手間

という場合にはビスタプリントの提供するチラシのデザインテンプレートを使うことで手間やコストをかけずにチラシ作成を行うことが可能です。

2.保護者が思わず通わせたくなる学習塾に

学習塾の集客のターゲットはあくまで保護者です。保護者が思わず通わせたくなるような学習塾として、どのように見せていくのかを考えていきましょう。

合格実績だけアピールすればよいのか?

保護者が求めているのは志望校への合格です。しかし、ここで重要なのは「有名校への合格実績」を羅列するだけではダメだということです。

確かに有名校への進学率が高ければ、良い学習塾だと判断するかもしれません。しかし、塾選びの要素は他にもあり、それだけでは塾選びの決定打にはなりません。数ある学習塾の候補のひとつとなるだけです。

では、合格実績以外に何を伝えると良いのでしょうか?

実は重要なアクセス

学習塾へは多ければ平日はほぼ毎日通うケースもあるため、自宅から通いやすい立地であるかどうかが選ばれるポイントとしては実は重要です。

住所の記載だけですと立地にピンとこない人も多いため、わかりやすい目印と合わせて地図でも紹介すると良いでしょう。

志望校合格までの裏側を紹介する

そこで、「どんな生徒がどのような道筋で合格したのか?」などをストーリーを写真付きで紹介することをおすすめします。

例えば、
“模試で志望校の判定がDランクだった山田さんが当塾に通いだして3ヶ月でAランクになった”
“偏差値38の生徒が半年で60になった”
など具体的な表現を心がけましょう。

具体的な数字を意識して伝えることが重要です。

また、講師の写真や指導方法なども合わせて紹介することも効果的です。

3.まずは無料で来てもらい、知ってもらう

どの学習塾でも実現できる集客方法として体験授業があります。体験授業は学習塾のカリキュラムから、いくつかの授業を無料で提供するというものです。

体験授業を行うことで、保護者としてはどんな学習塾なのか分かります。さらに子供にとっても先生の雰囲気や、授業内容などを味わえる場となります。そのため、体験授業には力を入れる必要があります。

体験授業のポイントとしては分かりやすく、継続していきたくなるような工夫するということです。

例えば、

  • 理解度に合わせた授業
  • 続きが楽しくなるような授業
  • 教え方に特徴のある講師を起用

など、印象に残るような体験授業を心がけてください。

体験授業の注意点としては、普段の授業とかけ離れたものにしないことです。入塾後に授業内容が異なると、評判を悪くしてしまいます。体験授業用の授業ではなく、普段の授業をするように心がけましょう。

魅力的な授業であれば、それだけ保護者は通わせたくなります。子供が家に帰ったら、親に伝えたくなるような授業を体験授業として展開すると良いでしょう。

まとめ:集客の中で口コミを生み出す

今回紹介したい学習塾に欠かせない集客のポイントはいかがでしたか?すでに施策を行っている人は多いかもしれませんが、肝心なのはどこに力を入れるかです。

なんとなく集客をしているのと、ターゲットを意識して集客をしているのでは集客率が変わります。チラシを活用するにしても、訴求するテーマを変えて何パターンか試してみたり、反応を見てみるのも良いでしょう。

学習塾は一度集客できれば口コミによる広がりがあります。学習塾はとにかく口コミが強いので保護者、生徒に対して、魅力を伝えることができれば、自然と入塾者は増えていきます。

関連記事

  1. 集客に関するお悩み

    インパクトのあるポスターはキャッチコピーの良し悪しで決まる

    販促のためにポスターを作ったけど反応がイマイチで困っている方は多いので…

  2. 集客に関するお悩み

    ゴルフ場やスクールの集客はどこから人を集めるかが大切

    ゴルフ場やゴルフスクールの集客をしようと決めたとき、どこから人を集めて…

  3. 集客に関するお悩み

    お客をがっちり逃さない!ネイルサロンの集客方法

    ネイルサロンのお客さんの男女比は圧倒的に女性のお客さんが多いのですが、…

  4. 集客に関するお悩み

    整骨院の患者の集客テクニック3選

    整骨院にもさまざまなタイプの店舗があります。子供からお年寄りまで幅…

  5. 集客に関するお悩み

    チラシの効果測定を行うたった3つの方法!

    集客のためにチラシを作ったけど集客に効果がないと悩んでいる方は多いです…

  6. パン屋のリピーターを増加させる3つの方法とは?

    集客に関するお悩み

    パン屋のリピーターを増加させる3つの方法とは?

    パン屋の経営を安定させるなら、リピーターの増加が必須です。リピーターを…

運営サイト

ビスタプリントでは名刺や集客に役立つ販促物をとてもカンタンにプリントすることができます。テンプレートも豊富で、デザインに困ることはありません。

Facebookページもご覧ください

人気の記事

  1. 美容師におすすめの名刺デザインテンプレート7選
  2. 飲食店の効果的なショップカードの作り方と活用方法
  3. パン屋のリピーターを増加させる3つの方法とは?
  4. 学習塾の集客に欠かせない3つのポイント
PAGE TOP