名刺印刷に関するお悩み

今すぐ使える!名刺の裏面アイデア7選

名刺のデザインにこだわる方は多いですが、意外と名刺の裏面にこだわっている方は少ないのではないでしょうか。今回は名刺の裏面をどのように活用するべきか事例を交えて7つご紹介します。

意外とある、名刺の裏面活用法

名刺を片面印刷にしていたり、英語圏の人との関わりがないのに惰性的に英語表記をしていたりすると、大幅な機会損失です。

1.オフィスの周辺地図を記載する

店舗やオフィスに足を運んでもらいたいのであれば、わかりやすい案内地図を記載しましょう。道がわからなければスマートフォンですぐに地図を調べられる時代ではありますが、すべての人がスマートフォンを使いこなしているわけではありません。目印の建物なども記載しておくことで、よりスムーズに案内が可能です。

2.スタンプカードの欄を記載する

美容院などで配る名刺の裏にスタンプを押せるようにするのも、ひとつのアイデアです。お店のリピーターを増やすことにもつながります。名刺・ショップカードとスタンプカードが一体化していれば、かさばらずに持ち運びもして頂けます。もちろん、規定のスタンプ数がたまった際のサービスも念入りに考えましょう。

3.お客様紹介カードとして利用する

同じく美容院などで活用される事例として、名刺の裏面を紹介カードとするアイデアが用いられています。紹介された人は、名刺の裏面に名前などを書いた上で来店すれば、割引などのサービスを受けられるようにします。

4.カレンダーを印刷する

ショップカードとしての名刺であれば、名刺の裏面にカレンダーもついていることで、常に手元においてもらえる可能性が高まります。
ビスタプリントでは、名刺の裏面に簡単にカレンダーが印刷できるテンプレートをご用意しています。

5.QRコードでWEBサイトへ誘導

名刺の裏面にQRコードでWEBサイトへの誘導を行うのも有効です。お店のURLが書いてある事はよくありますが、名刺をもらった人はわざわざURLを打ち込んでWEBサイトを見に来るわけではありません。また、お店の名前で検索しても同名の他店が出てきてしまい、自分の店舗が見つけにくい場合などには有効な手段です。

6.サービス内容を記載する

企業間ビジネスが中心の場合にはサービス内容を名刺の裏面に記載しておくと効果的です。名刺を渡す相手もいろいろな人と名刺交換をしているはずなので、たとえ1度会社説明をしたとしても、サービス内容までは覚えてくれていない可能性があります。どういうサービスを行っており、何が強みなのかを端的にまとめてあるとビジネスチャンスが広がります。

7.読み手の人となりがわかるプロフィールを書く

初対面で話を盛り上げるのが苦手な人や、ラポール・アイスブレイクにつかえるコミュニケーションツールとして使っている営業マンも多いです。名刺を渡したあとでも顔を覚えてもらえるように顔写真を入れたり、趣味や特技を書いておくことも話を盛り上げる上で大変有効です。

名刺は裏面もこだわってつくるべき!

今回は実際の名刺の裏面印刷のアイデアをご紹介しました。名刺の裏面が空白だということは「名刺を渡すたびにビジネスチャンスの機会損失が発生している」といえますので、ぜひご自分にあった名刺の裏面のアイデアを取り入れてみましょう。

関連記事

  1. 名刺印刷に関するお悩み

    かんたんに高クオリティ名刺が作れる!厚盛DECO名刺とは?

    ・名刺のインパクトをもっと出したい・自分だけの名刺のデザインにした…

  2. 7,000種類の名刺デザインテンプレート

    名刺印刷に関するお悩み

    約5,000種類のテンプレート!こだわりのデザインでかんたん名刺印刷

    名刺作成で悩むのがデザインだという方は多いのではないでしょうか?…

  3. 名刺印刷に関するお悩み

    名刺の紙質の特徴と定番の用紙とは

    名刺に使う紙は、その紙質や厚さによって受ける印象が大きく変わります。見…

運営サイト

ビスタプリントでは名刺や集客に役立つ販促物をとてもカンタンにプリントすることができます。テンプレートも豊富で、デザインに困ることはありません。

Facebookページもご覧ください

人気の記事

  1. 美容師におすすめの名刺デザインテンプレート7選
  2. 飲食店の効果的なショップカードの作り方と活用方法
  3. パン屋のリピーターを増加させる3つの方法とは?
  4. 学習塾の集客に欠かせない3つのポイント
PAGE TOP